トップページ 協会規約 大会記録 審判部 エバーグリーン 車椅子ツイン ミニバスケット
リンク 豊島区立豊島体育館 豊島区体育協会
基本方針

車椅子ツインバスケットボールは下肢以外にも障害を持つ方が車椅子バスケットボールを楽しめるように考案された車椅子バスケットボールです。当協会では障害者の方が楽しめる環境を創出すると共に、健常者が共に車椅子ツインバスケットボールを楽しめるように、毎月2,4土曜日15:30から豊島体育館で車椅子ツインバスケットボール開放を支援しています。ぜひ健常者の皆様も参加いただき、共に車椅子ツインバスケットボールを楽しめるよう、指導員共々努力していきます。



連絡事項

練習開催日は右側の豊島体育館月別予定表をクリックして確認してください。
車椅子は体育館に用意してあるので特別な道具はいりません。車椅子の操作から指導員が教えます。 オリンピックに採用されている車椅子バスケットと異なり、ゆっくりした動きの車椅子バスケットなので、初心者でもプレーに参加できます。
機敏な動きや筋力が無くても、楽しみながら自分のペースでゆっくり運動ができ、年齢や性別によるハンディもありません。楽しみながら運動不足解消、ダイエット如何でしょうか?

車椅子ツインバスケットボールを詳しく知りたい方へ
日本車椅子ツインバスケットボール連盟


  2019年9、10月の豊島体育館「車いす教室」の案内を掲載します.


   ・「2019年9月、10月の開催日案内」